診療のご案内

ピロリ菌検査・除菌治療

ほそだ内科クリニックでは、ピロリ菌感染の診断・除菌治療・除菌判定・除菌後の経過観察など
ピロリ菌関連の診療に特に力を入れています。
判断の難しい陰性高値についても是非ご相談下さい。
院長は日本ヘリコバクター学会認定ピロリ菌感染症認定医です。

ヘリコバクター・ピロリ菌除菌
治療実績 2017年

1次除菌 64

成功率 94 %

2次除菌 3

成功率 100 %

ヘリコバクター・ピロリ菌とは?

ヘリコバクター・ピロリ菌

胃粘膜の表面に住む細菌で、
毒素を出して胃に様々な炎症を引き起こします。

この菌がいると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすく、
一度治っても約7 割の方が1 年以内に再発すると言われています。
近年、胃癌の発症に関係していることがわかりました。
胃の中は胃酸という強い酸が存在するので細菌は存在しにくい環境なのですが、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っていて、自分の周りにアンモニアを産生し、胃酸を中和して胃の中に住んでいます。

ヘリコバクター・ピロリ菌の
感染経路は?

最近の研究では、井戸水や地下水の飲用ではなく、家族内での口を介した感染(経口感染)が大部分ではないかと考えられています。
感染するのは、胃酸分泌が不充分な幼少期で、大人になってからの感染は稀だと考えられています。
ご両親・祖父母、ご兄弟にピロリ菌感染や除菌歴のある方は、是非一度専門医にご相談下さい。

ピロリ菌感染の検査

内視鏡検査時に
粘膜の一部を採取する方法

  • 培養法
  • 迅速ウレアーゼ法
  • 組織鏡検法

内視鏡検査を伴わない方法

尿素呼気試験

診断薬服用の前後の呼気を採取して、ウレアーゼ活性を確認する方法

抗体測定法

血液(血清)や尿の抗体価を調べます。測定法(ラテックス凝集法・EIA 法)によって基準値やその意味合いがことなります。
陰性高値(検出限界~カットオフ値)の意味合いについては関連学会などでも議論のあるところです。

血清ピロリ菌抗体IgG(EIA 法) は除菌後数年で検出出来なくなることが多い事実を踏まえ、
EIA 法で検出しなくても既感染(偶然除菌例など)である可能性が否定出来ないと考えています。

便中抗原測定法

糞便中のピロリ菌抗原を調べる方法です。

ピロリ菌検査で大切なこと

すべての人は、未感染・既感染(除菌後も含む)・現感染の3 つのどれかに当てはまるはずですが、
未感染と既感染(除菌歴がないが過去に感染が示唆され現在感染がない状態)を区別することが難しいケースが少なくありません。
安易に、「あなたはピロリ菌未感染なので胃癌の心配はありません」というようなことを言うべきでないと考えています。

ピロリ菌の除菌治療

ピロリ菌の除菌療法は、「胃酸の分泌を抑える薬」と2種類の「抗菌薬」の合計3 剤を1日2回、7日間服用します。
その後、4週間以上(出来れば6 週間~)あけてから再受診・尿素呼気試験で判定。

1次除菌が成功しなかった場合は、2 次除菌のご説明をして処方いたします。

ピロリ除菌が保険で認められている疾患

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 胃MALT リンパ腫
  • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)
  • 早期胃癌に対する内視鏡的治療術後胃
  • ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

胃がんリスク検査(ABC分類)

ヘリコバクター・ピロリ菌

ピロリ菌がいるかどうか気になるけど、胃カメラを受けないといけないし…。
受けようか、 どうしようか、迷っておられる方は沢山おられることと思います。

胃カメラに使用するファイバーは、以前に比べて、細く軟らかくなっています。
経鼻だとえづきなどの苦痛は軽減されていますので、是非受けていただきたいと思います。
と言っても、なかなかハードルが高いですよね。
そこで、注目されているのが、胃粘膜の萎縮の度合を調べるペプシノゲン検査と血中ピロリ菌検査を
組み合せたABC分類です。血液検査で調べます。まず、これを受けてみませんか?

自費診療で、5,400円(消費税込)となります。(2019年7月1日より価格改訂)

なお、パリエットやタケプロンなどのPPI(プロトンポンプ阻害薬)服薬中の方は、
ペプシノゲン値がそれらの薬剤により変化してしまうので、評価 が困難であり検査はお勧めできません。

検診ですので、費用は自費です。
詳しいことは、ご来院の上でご相談下さい。

CLINIC INFO

診療時間
午前 
9:0012:00
×
午後 
4:307:00
× 3:30~
6:00
× ×

水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

※木曜午後の診療時間は3:30~6:00まで

京都府宇治市六地蔵
ほそだ内科クリニック

〒611-0001
京都府宇治市六地蔵奈良町74-1
パデシオン六地蔵 ミッドモール2F

内科一般・消化器内科・ペプシノゲン検査・ピロリ菌検査

  • 内科一般
  • 消化器内科
  • ペプシノゲン検査
  • ピロリ菌検査

お電話でのお問い合わせはこちら
お電話での診療順番予約は受け付けておりません。

インターネット予約はこちら

このページの先頭へ